股の過剰な洗浄が黒ずみの原因になる

股の黒ずみの原因は、股の行き過ぎた洗浄で、肌が刺激を受けてしまうことにあります。このような過剰な洗浄は、逆に股の不快なニオイ、肌荒れ、かゆみ、さらに性病の原因にもなり得ます。実は、股には、元々常在菌が存在しています。

その菌は、自然に股を清潔に保つよう働きますが、過剰な洗浄はその常在菌を殺してしまって、自然な作用を起こせなくしてしまいます。そうすると、細菌が増殖しやすい環境になってしまうのです。

そういったことからも、黒ずみと不快なニオイを防ぐためには、股の適切な洗い方の知識を持っておくことが必要です。

正しい股の洗い方とは?

第一に避けたいのは、ゴシゴシと力んで擦ることです。そして洗う際、特に使用しないようにしたいのは、肌への負担が大きく、黒ずみを発生させやすいナイロンでできたタオルです。

実際は、垢は、タオルなど使用しなくても、泡のみできちんと綺麗になるのです。そこで、毎日しても肌に刺激を与えない「泡パック」という方法がありますので、以下で詳しく見てみましょう。

泡パックってどうやるの?

1. 泡を念入りに作る
肌の不要物を吸い取って流してくれるのが、モコモコの泡です。この泡を、せっけんで念入りに作ります。ネットを使用すれば、うまく作れます。

2. 泡を肌にのせてからは素早く
できたモコモコの泡を、股にのせます。ここで注意したいのは、泡を長くのせたままにしないことです。のせたままにすると、常在菌を減らしてしまいます。のせた泡は3分以内には落としましょう。しかし生理の時などは、さらに丁寧に洗いたくなりますね。

そのような時は、のせたモコモコ泡を、手の平で、清潔にしたい部分に押し付ける感じで洗うといいでしょう。

3. 泡を落とす時はぬるま湯で丁寧に
泡を落とす時に熱いお湯を用いるのは、肌に刺激が強すぎるのでご法度です。この時はぬるま湯(人肌より少し温度が高いくらい)がベストです。

股部分の汚れは、泡だけでも十分落ちますが、普段からゴシゴシ洗ってしまっている人からすれば、泡パックのみでは物足りなく思ってしまうかもしれません。習慣づけて、慣れていくことで、少しずつ股のトラブルを解消していくことができるでしょう。

使用するせっけんは弱酸性のものを

上記で泡パックの方法をお伝えしましたが、この時使用するせっけんにも気をつかいましょう。せっけんは、アルカリ性ではなく、弱酸性のせっけんを用いてください。アルカリ性のものは、洗う力が高すぎて、股の敏感な肌には刺激が強く、肌の乾きを促進させます。結果、肌荒れを起こしてしまう場合もあるため、弱酸性のものが良いのです。

一番使用を勧めたいものは、やはり刺激の少ない股専用のせっけんです。弱酸性で添加物不使用の自然派のものが多く、肌に負担をかけずに洗えますので、自浄機能を保つ股の常在菌も保護することができる点が魅力です。デリケートゾーン 黒ずみ

 

コメントは受け付けていません。