黒ずみ改善にプラセンタが良い

プラセンタは哺乳動物の胎盤で、赤ちゃんの成長に必要な栄養分が豊富に含まれています。この栄養分が今美容関連その他の分野で利用されていて、陰部の黒ずみにも利用されます。

プラセンタのチロシナーゼ

プラセンタに含まれる成分にチロシナーゼがあり、この成分はメラニン色素の生産を抑える効果があります。プラセンタに美白効果あるとされるのは、この成分で、さらにプラセンタには抗炎作用や活性酸素消去という効果もあります。

加えて肌のターンオーバーを促進する作用があるので、肌に沈着した黒ずみを軽減します。

いくつもあるプラセンタ

プラセンタは人体系があり、女性の胎盤ですが、人間の胎盤ですから普通には出回りません。限られた厚生労働省が認証する製薬メーカーだけの治療用医薬品です。したがって医療目的に限られ美容目的ではありません。

牛系は牛の胎盤ですが、以前蔓延した狂牛病のリスクがあるので、今は使われていません。それに代わるのが豚系プラセンタで、主に医療と美容目的です。

なお、厚生労働省は安全性と効能を認証しているものの、副作用や臭みがあるので、あまり使用されないようです。

したがって、今注目されているのが植物系プラセンタで、これは大豆やライ麦などの胚芽から採取します。植物の胚芽は動物の胎盤のように栄養素が豊富に含まれています。

プラセンタはリスクもある

プラセンタは注射もアリますが、多いのはサプリメントでしょう。豚や馬などのプラセンタは医療用に使われますが、薬局などで買える健康食品もあります。

なお衛生管理が徹底されている製造会社の製品ですから、感染症などのリスクはないと言えますし、事実トラブルや副作用による事故例はありません。

ちなみに基礎体温が高い馬には寄生虫が寄り付かないので、念を入れるとすればほかの動物系プラセンタよりも安全とのことです。

しかし健康食品ではプラセンタのほかにたんぱく質やアミノ酸も含まれるので、そのアレルギー反応がある場合を考えて、使う前のパッチテストをおすすめします。

コメントは受け付けていません。