出産後に股にできる黒ずみ改善

出産をすると、どうしてもホルモンバランスが崩れるので、股の黒ずみができやすくなります。
股の黒ずみ以外に、陰部や乳首、お腹、あるいは脇下など、肌が薄く刺激に弱い部位に黒ずみができやすくなります。

出産後の黒ずみ

出産後の股黒ずみを、妊娠性肝斑と言います。
妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンの生成が盛んになるので、メラニン色素が増えます。
このメラニン色素が妊娠性肝斑をつくります。
ですから、出産後に黒ずみができるのではなく、その前から黒ずみができているのです。

股黒ずみが残ることもある

普通の場合、妊娠性肝斑は、出産義ホルモンバランスが正常に戻る2~3か月前後で消えます。
しかし、シミが残ることがあります。
3か月過ぎても妊娠性肝斑が残っている場合はきちんと黒ずみ対策を講じる必要があります。

ケアすれば妊娠性肝斑は消える

黒ずみ対策にはいろいろな方法がありますから、それらを気長におこなうことで、ひどい黒ずみも軽減できます。
股黒ずみ用のクリームにはできている黒ずみを軽減するとともに、黒ずみを予防する効果があります。
美白作用で股黒ずみにこうかてきなクリームも市販されています。

奥の手は皮膚科での治療

いろいろと手を尽くしたが、どうしても黒ずみを改善できないという場合は、
奥の手には皮膚科でのレーザーによる黒ずみ治療があります。
しかし、多くの場合、そこまでしないでも、黒ずみは改善されるでしょう。
そして、大切なのは、黒ずみを予防するためのケアです。
たとえば股部分や陰部に刺激を与えないこと、乾燥しないように気を配るなどです。
デリケートゾーン黒ずみ

コメントは受け付けていません。