股の黒ずみを予防する食事

股の黒ずみを抑えるのに、食べるものを見直すことが手助けになります。

メラニンができないようビタミンCを摂取

メラニンは、股の黒ずみの原因となることがあります。このメラニンができてしまうのを抑え、できてしまったメラニンさえも軽減させる働きをするのがビタミンCです。働きかけるのはメラニンにだけでなく、肌のコラーゲンを増やして肌のハリをアップさせ、また、肌の抗酸化にも役立ちます。

野菜やフルーツに多く含まれるビタミンCですが、具体的には、ブロッコリー、ホウレンソウ、菜の花や薩摩芋に多く含まれ、フルーツでは、苺やキウイが、ビタミンC含有率が高いものとして好まれています。

野菜が苦手で食べ物でビタミンCを摂るのが大変だという人は、ビタミンC配合のドリンクでもいいですし、サプリメントも有効です。

 

ひとつ注意すべき点は、体に良いからといって摂りすぎること。体に悪影響が出るわけではないですが、簡単に水に溶けるビタミンCは、たくさん摂れば摂るほど栄養になるというわけではなく、多すぎた分は、排尿されてしまいます。

いつもより強い黄色の尿が出たという時、事前に滋養強壮の栄養剤などを摂取していた、というような体験が誰にでも一度はあるのではないでしょうか。こういったことが、この現象を表しているでしょう。

肌を健康に保つたんぱく質を摂取

体を作り出すいろいろな器官を作るのが、たんぱく質です。また、発育を助け、免疫体を作る作用があるだけでなく、体の生まれ変わりを助ける代謝ホルモンの生成にも重要なのがたんぱく質です。

このたんぱく質は、「動物性たんぱく質」と「植物性たんぱく質」に分けられます。肉、魚、たまごや、牛乳、チーズなど、文字通り動物性の食べ物から摂取できるたんぱく質が、「動物性たんぱく質」であり、野菜、穀類や、大豆でできたとうふや納豆などの植物性の食べ物から摂取できるのが、「植物性たんぱく質」です。

このようにたんぱく質は二種類ありますが、股の黒ずみの改善に有効なのは、肌を保湿し、健康に保つ作用のある植物性たんぱく質です。

 

イソフラボンが、女性にとって大切な栄養素であることは知られていますが、植物性たんぱく質の代表格である大豆には、このイソフラボンがたくさん。肌を若く保つだけでなく、更年期障害を予防する働きもあるので、大豆食品は積極的に摂りましょう。「ソイプロテイン」も大豆が豊富なので有効です。

たくさん摂っても安心なのが、カロリー控えめな大豆の良いところ。とうふなどを、普段食べている肉類に代えて食べる習慣を付ければ、あなたの生活をさらに健康的にすることができるでしょう。

 

コメントは受け付けていません。