股の黒ずみを予防する食事

股の黒ずみを抑えるのに、食べるものを見直すことが手助けになります。

メラニンができないようビタミンCを摂取

メラニンは、股の黒ずみの原因となることがあります。このメラニンができてしまうのを抑え、できてしまったメラニンさえも軽減させる働きをするのがビタミンCです。働きかけるのはメラニンにだけでなく、肌のコラーゲンを増やして肌のハリをアップさせ、また、肌の抗酸化にも役立ちます。

野菜やフルーツに多く含まれるビタミンCですが、具体的には、ブロッコリー、ホウレンソウ、菜の花や薩摩芋に多く含まれ、フルーツでは、苺やキウイが、ビタミンC含有率が高いものとして好まれています。

野菜が苦手で食べ物でビタミンCを摂るのが大変だという人は、ビタミンC配合のドリンクでもいいですし、サプリメントも有効です。

 

ひとつ注意すべき点は、体に良いからといって摂りすぎること。体に悪影響が出るわけではないですが、簡単に水に溶けるビタミンCは、たくさん摂れば摂るほど栄養になるというわけではなく、多すぎた分は、排尿されてしまいます。

いつもより強い黄色の尿が出たという時、事前に滋養強壮の栄養剤などを摂取していた、というような体験が誰にでも一度はあるのではないでしょうか。こういったことが、この現象を表しているでしょう。

肌を健康に保つたんぱく質を摂取

体を作り出すいろいろな器官を作るのが、たんぱく質です。また、発育を助け、免疫体を作る作用があるだけでなく、体の生まれ変わりを助ける代謝ホルモンの生成にも重要なのがたんぱく質です。

このたんぱく質は、「動物性たんぱく質」と「植物性たんぱく質」に分けられます。肉、魚、たまごや、牛乳、チーズなど、文字通り動物性の食べ物から摂取できるたんぱく質が、「動物性たんぱく質」であり、野菜、穀類や、大豆でできたとうふや納豆などの植物性の食べ物から摂取できるのが、「植物性たんぱく質」です。

このようにたんぱく質は二種類ありますが、股の黒ずみの改善に有効なのは、肌を保湿し、健康に保つ作用のある植物性たんぱく質です。

 

イソフラボンが、女性にとって大切な栄養素であることは知られていますが、植物性たんぱく質の代表格である大豆には、このイソフラボンがたくさん。肌を若く保つだけでなく、更年期障害を予防する働きもあるので、大豆食品は積極的に摂りましょう。「ソイプロテイン」も大豆が豊富なので有効です。

たくさん摂っても安心なのが、カロリー控えめな大豆の良いところ。とうふなどを、普段食べている肉類に代えて食べる習慣を付ければ、あなたの生活をさらに健康的にすることができるでしょう。

 

股の黒ずみケア

股の黒ずみは、取り除くことができます。そのような相談は、皮膚科など専門機関で行います。

ですが、一度消したからと言って、黒ずみができてしまった時と同様の生活を続けていれば再発してしまうのが、股の黒ずみのやっかいな部分です。

では、生活の中で何に注意して生活すべきかを探るため、股の黒ずみを発生させてしまう原因はどこにあるのかを、以下で見ていきましょう。

肥満に気を付けましょう

余分な脂肪の擦れ合いが、普通に生活しているだけで常に発生してしまうことになる肥満体型。こういった擦れ合いは、過剰にメラニンを作り出してしまい、黒ずみは股だけでなく、脇や首にも同じように発生します。

だからといって、行き過ぎたダイエットも勧められません。もちろん体調を崩す要因になるという側面からでもあるのですが、実は、メラニンの過剰生産が、行き過ぎたダイエットによるホルモンの均衡の乱れから引き起こされることがあるからです。

 

脂肪を減らすことももちろん大切です。しかし、股部分の肌を、オイルやローションなどでコーティングして守ることも大切ですし、以下で詳しく見ていきますが、着用するアンダーウェアやジーンズなどが擦れにくいものかどうかを考えてみることもとても大切です。

ダイエットに取り組むのはそれからでもいいでしょう。肌を守る保湿剤は、今ある黒ずみを改善してくれる、肌の生まれ変わりを促進する効能を含むものであれば一石二鳥ですね。

ダイエットで体を動かす際も、上記のような心がけを事前に行い、健康に脂肪を減らして黒ずみを撃退していきましょう。

着用しているアンダーウェアや衣服を見直す

メラニン色素を作り出す細胞のことをメラノサイトと言いますが、股の黒ずみの原因であるこれが過剰に生産されてしまう要因のひとつに、アンダーウェアやジーンズが、肌に与える負担によるものがあります。

 

肌へのダメージを避けるために具体的に心がけることは二つ。

一つ目は、普段着用する衣服は、ジーンズよりもスカートを選ぶこと、二つ目は、アンダーウェアは、ゴムが股部分にあたらないもの(ハイレグ型など)を選ぶことです。ゴムの締め付けは、黒ずみを悪化させます。

肌の生まれ変わりサイクルは、健康な肌であるからこそ正常に作用するものです。肌への刺激を抑え、健康肌を作り出し、股の黒ずみを遠ざけましょう。

出産後に股にできる黒ずみ改善

出産をすると、どうしてもホルモンバランスが崩れるので、股の黒ずみができやすくなります。
股の黒ずみ以外に、陰部や乳首、お腹、あるいは脇下など、肌が薄く刺激に弱い部位に黒ずみができやすくなります。

出産後の黒ずみ

出産後の股黒ずみを、妊娠性肝斑と言います。
妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンの生成が盛んになるので、メラニン色素が増えます。
このメラニン色素が妊娠性肝斑をつくります。
ですから、出産後に黒ずみができるのではなく、その前から黒ずみができているのです。

股黒ずみが残ることもある

普通の場合、妊娠性肝斑は、出産義ホルモンバランスが正常に戻る2~3か月前後で消えます。
しかし、シミが残ることがあります。
3か月過ぎても妊娠性肝斑が残っている場合はきちんと黒ずみ対策を講じる必要があります。

ケアすれば妊娠性肝斑は消える

黒ずみ対策にはいろいろな方法がありますから、それらを気長におこなうことで、ひどい黒ずみも軽減できます。
股黒ずみ用のクリームにはできている黒ずみを軽減するとともに、黒ずみを予防する効果があります。
美白作用で股黒ずみにこうかてきなクリームも市販されています。

奥の手は皮膚科での治療

いろいろと手を尽くしたが、どうしても黒ずみを改善できないという場合は、
奥の手には皮膚科でのレーザーによる黒ずみ治療があります。
しかし、多くの場合、そこまでしないでも、黒ずみは改善されるでしょう。
そして、大切なのは、黒ずみを予防するためのケアです。
たとえば股部分や陰部に刺激を与えないこと、乾燥しないように気を配るなどです。
デリケートゾーン黒ずみ

お尻と肛門の黒ずみはどうすればいい?

お尻や肛門は滅多に他人に見られることはないのですが、このあたりにできた黒ずみは気になるものです。

お尻と肛門の皮膚は薄い

お尻の皮膚は意外と薄く、肛門の皮膚はもっと薄くて敏感ですから、刺戟を受けると黒ずんできます。陰部と肛門は近いのでショーツと接触しがちで、摩擦で刺激されますし、椅子に座ると、ほぼ全体重がお尻にかかる刺激があります。

自分のお尻や肛門は直接目で見ることはありませんが、多くの場合黒ずんでいることが多いようです。黒ずみは痛いとか痒いということがないうえに、他人に見られる場所ではないのですが、お尻や肛門の黒ずみは改善するほうがいいでしょう。

お尻と肛門が黒ずむ原因

お尻と肛門が黒ずむのは意外と薄くて敏感な皮膚がショーツで摩擦されることと、ショーツがあるので通気性が悪く、蒸れやすいからです。黒ずみ予防にはショーツをやや大きめにすることで、そうすれば摩擦と蒸れが大幅に減ります。

なお、お尻と肛門の黒ずみの原因は摩擦と蒸れの刺激ですが、これは間接的な原因です。直接的な黒ずみの原因は体内からメラニン色素が分泌されることで、メラニン色素は刺激から皮膚を守るためです。

これはいいのですが、困ったことにメラニン色素は皮膚に沈着することで、黒ずみはメラニン色素が皮膚に沈着した状態なのです。

メラニン色素をシャットアウト

でも心配は要りません。メラニン色素が体内で生産されるのを阻止するトラネキサム酸という成分があります。

トラネキサム酸は安全な美白成分ですから、厚生労働省が製造・販売を認可しています。したがって市販の美白剤にもこの成分が配合されています。

お尻も肛門もきれいにしておくに越したことはありませんから、黒ずみに気がついたらトラネキサム酸が配合されている美容グッズで白くてきれいなお尻と肛門にしましょう。

なお、注意点を言いますと、トラネキサム酸は安全と言っても、説明書通りの用法と用量は守らなければなりません。陰部 黒ずみ 改善